常盤響の週刊ニューエロス。178


    ------------------------------------------------------------

    ニューエロス 第178号 2016.05.21 責任編集、全撮影 常盤響 表紙モデル miki

    ------------------------------------------------------------

    ▼目次 ・new eros pictrial #121 desserty.  model : miki ・new diary「今週のこと。5月7日から5月13日」 ・大野ケイスケの0721文 「赤い玉」 ・次号予告と今後のラインナップ  ・お知らせ、編集後記













    new eros pictrial #122 desserty. モデル:miki

    new diary 先週と今週のこと。5月14日から5月20日


    5月14日(土曜日) 朝起きて、コーヒー飲んで少しのんびりしてから昼食へ。志摩のJAの海鮮丼屋へ。食後、前原の駅でCIRCLE'16に行くモリヤンとカオリちゃんを下ろして一旦帰宅。レコードを選んで夕方にキースフラックへ。この日はLEARNERSの福岡初ライブでDJ。チケットも早々にソールドアウト。サポートの地元福岡のバンド THE PRACTICEとLEARNERSの合間にDJ。7インチばかりで。15歳の頃から知っている編集者の水野さんにも久しぶりに会った。60歳になってLEARNERSの追っかけをしているそう。60代から若い女の子までおしゃれしてライブに来て盛り上がってる感じがとっても素敵で楽しかった!古い友人のチャーベ君と福岡のキースで一緒にイベントができて嬉しかったな。CIRCLE'16終わりでモリヤンとカオリちゃんもキースに来て、帰りにウエストでうどんを食べて帰宅。

    5月15日(日曜日) 朝起きて少しのんびりしてから昼過ぎにCIRCLE'16へ向かう。車で香椎へ向かう途中で久山の天ぷらひらおで昼食。香椎に車を停めて海の中道へ。CIRCLEは毎年東京のイベントと被っていたので、今年が初めて。会場について、楽屋に行って久しぶりに会うテイさん、小山田君、砂原君とおしゃべり。細野さんのライブをのんびり楽しんだ後は、METAFIVE。生憎、METAFIVEが始まったところで雨が。一時はかなり強い雨だったけれど、終盤は雨も和らいできた。初めて観るMETAFIVEはかなりかっこよくて、またライブに行きたくなったなぁ。帰りは電車が混みそうだったので、METAFIVEのアンコール終わりで急いで駅へ。香椎に出て焼き鳥屋で晩飯。帰宅後、家で軽く飲み。


    5月16日(月曜日) 昼ごろ家を出て、牧のうどん本店で昼食。産直でお土産を買ってから空港へ。空港でお茶してからモリヤンとカオリちゃんをお見送り。楽しい数日だった。空港を出てラジオの収録まで時間があったので、喫茶店でぼんやりしたりしてから収録へ。ディレクターの青木さんからムフフなTシャツヲ頂いた。 収録後、レオネオへ。ナベさんがDJをしてくれて、あやちゃんがケーキを作ってくれて友達が集まってくれて素敵な誕生会でした。大感謝。3時過ぎに帰宅して、翌日からの東京の準備を朝まで。


    この日放送の、福岡LOVE FM 常盤響のニューレコード特集はNEW WAVE特集。


    Transit Radio Monday 常盤響のニューレコード 福岡 Love FM 毎週月曜日20時〜21時30分 http://lovefm.co.jp/topics/more/413

    5月9日放送分セットリスト。

    オープニングの1曲 ・THIS IS GROOVE SOUNDS! / パンサー鈴木+松石ゲルとサイケV

    ・ÇA PLANE POUR MOI / PLASTIC BERTRAND ・JET BOY JET GIRL / ELTON MOTELLO ・JET BOY JET GIRL / CHRON GEN ・JET BOY JET GIRL / CAPTAIN SENSIBLE & THE SOFTIES

    ゴーゴー・ニューレコード

    特集:NEW WAVE ・HYPER-ACTIVE! / THOMAS DOLBY

    ・INDUSTRIAL DRUMS / ANTHONY MORE

    ・MALIMBA / HECTOR ZAZOU, PAPA WEMBA

    ・HISTORY OF A KISS / GABI DELGADO

    ・COMPUTER GAMES / MI-SEX

    ・RESPONSATEEN / MECHANICAL SERVANTS

    ・THE BEAT / ESG

    ・FISH OUT OF WATER / JOEY ARIAS

    ・HUSTLE WITH MY MUSCLE / JOHN SEX

    ・WEIGH IN ON THE WAY OUT / RASCAL REPORTERS

    エンディングの1曲

    ・REMEMBER ME / RICHIE ROME


    5月17日(火曜日) ほとんど徹夜状態で、9時過ぎに家を出て佐賀空港へ。いい天気で佐賀空港までのドライブも楽しい。少し早めに出たので、途中厳木で一服したりしてのんびりと空港へ。14時に羽田到着。15時に神保町で玄光社の藤井さんと待ち合わせて、月末の撮影のロケハン。東京は雨。夕方にオリンパスで打ち合わせをしてから、一旦部屋に荷物を置いてから渋谷のSONOTAへ。

    SONOTAでレコードを数枚借りてからDOMMUNEへ。この日は「エンニオ・モリコーネ映画大全」発売を記念してモリコーネ特集。岡村さんを中心に東京エンニオ ・モリコーネ研究所の方々のトークショーの後に、僕とムードマンによる、モリコーネオンリーのDJと言うモリコーネ祭り。トークショーの最後に、僕とムードマンもちょこっと登壇してしゃべりました。

    モリコーネのDJ、モリコーネによるサントラは何枚か持っているのだけど、家のレコードから探し出せたのはほんの一部。モリコーネの曲のカバーも曲が被ってるものばかりだったんだけど、もう同じ曲がかかってしまってもいい雰囲気のモリコーネ祭りだったので、楽しくDJができました。

    岡村さんがとても楽しそうでよかったし、ムードマンともすごく久しぶりにDJが出来て楽しかった。放送終わりにミチキンとモリヤンが来てくれて、ケーキで誕生日をお祝いして頂いた。俺の中では50歳は結構うわーーって感じなんだけど、50歳をとっくに過ぎても精力的な諸先輩が大勢いらっしゃるので、それを考えるとまだまだひよっこでもあるわけで。DOMMUNEやSNSなどで本当にたくさんのお祝いのメッセージを頂いていて、ひとつひとつ目を通しながら感謝してます。お返事はのんびり返していきますので。

    エンニオ・モリコーネ映画大全

    5月18日(水曜日) 昼食を食べてから打ち合わせ色々。渋谷で久々に宮本さんと。来月頭に撮影する方との打ち合わせはふわっと楽しみな感じになってきた。夕方に菊池くんとも打ち合わせ。これはすぐにという話ではないけれど、楽しみな内容なので、実現できるようにアイデアを練りたいところ。夜にモリヤン、カオリちゃん、矢野さんで東中野で飲み。終電くらいまで。

    5月19日(木曜日) 昼過ぎまで作業。午後から夜まで撮影。夕食に近所でマーボー麺。店を間違えたのか、思っていたものと違っていた。


    5月20日(金曜日) 日中部屋で作業。夜はオルガンバーでのレギュラーパーティー((((((((((A))))))))))。またも誕生日のお祝いをしてもらった。そしていつも以上にお酒をたくさん飲んでしまって、明け方に少々グロッキー。でも、大切な友人たちとのパーティーは素晴らしく楽しいのです。来てくださった皆さん、どうもありがとうございます!



    大野ケイスケの0721文


    「赤い玉」


     それは月曜日だった。高校2年の月曜日だ。I君が登校するなり沈痛な面持ちで悩みを打ち明けた。「昨日(日曜日)8回もオナニーしてしまった」「もうオナニーしたくない」「このままだと赤い玉が出てしまう」「早くセックスしたい」という内容であった。僕らはそんな彼を見放すことはできなかった。8回は度が過ぎているものの、全員似たような悩みを抱える童貞だったからだ。今思えば、いろいろ間違っている。だが当時は真剣だった。男子校ゆえ校内に女子はいないし、恋が始まる予感は皆無で、かといって常に男だけでふらふらしているから出会いが訪れるわけもなく、勇気も行動力もないまま、ただぼんやりと思考だけが加速していった。このままオナニーだけして生涯を終えるのではないかという漠然とした不安があった。まさにオナニー地獄である。セックスさえすれば、その地獄から脱出できると信じていた。セックスにいたるまでの出会いとか恋とか愛とか、本質的な交歓への想像力が欠如したまま、セックスという行為ただそれだけに思いを馳せたところで、エロ本やアダルトビデオや官能小説や経験者のエピソードを基にしたそれは、ひどくいびつで不完全な妄想でしかないが、オナニー地獄から救ってくれる行為だと信じてやまなかった。「オナニーをある回数以上するとセックスが回ってくるらしいよ」というポイント方式や「オナニーが白帯ならセックスは黒帯だな」というキャリア論など、妄言まで飛び出す始末だった。オナニー地獄からセックス天国へ、そんな未来を信じていた僕らは馬鹿で間抜けだが、あれから四半世紀生きてきて今も変わらず馬鹿で間抜けだ。オナニーにもセックスにも、地獄も天国もあり、現実と妄想の間をずっとぐるぐるしている。

    大野ケイスケ 放送作家、ライター。「ミュージックフェア」「weekend Hips」「深夜喫茶スジガネーゼ」「ユミパン」「SMAPパワースプラッシュ」「髭まかせ」「マイ・クレイジーケンバンド」「巨乳王子」など。


    編集後記 今週は短めの東京滞在でした。夕方の飛行機で先ほど福岡に戻ってきました。そして50歳の誕生日たくさん祝ってもらって恐縮な一週間でした。明日は、福岡のエルガーラホールでのパネルディスカッションに出演します。当日でも入場出来きるようなので、お時間のある方は是非見に来てください。詳細はイベント情報のコーナーにあります。

    ----------------------------------------------------------------

    ニューエロス 第178号 2016年5月21日発行 責任編集、アートディレクション、撮影 常盤響 -----------------------------------------------------------------


    #miki