SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。001


-----------------------------------------------

ニューエロス 第1号

2012.12.20

責任編集、全撮影 常盤響

表紙モデル 杏子

-----------------------------------------------


▼目次

・Girls Like You archives ・ニューコラム ・The Girl Who Always Smokes. 煙草を吸う女。

・Voice from レコ部 ・ニューエロス創刊にあたって

・ お知らせ、編集後記


・Girls Like You archives


第1回 モデル あんり(旧芸名 : 金井あや)2010年4月25日撮影。

 金井あやからあんりという名前に変わるちょっと前に撮影したような記憶。その頃のイメージだとあんまり笑ってる写真が無かったんだけど、その理由は多分この時期歯の矯正をしていたからでは?と。でも、俺的には矯正が見える笑顔も良いなぁと思いながら撮ってました。ちなみに、撮影で履いているパンツは僕が昔デザインしたものです。


あんりオフィシャルブログ「あんりの炊き込みごはん」 http://ameblo.jp/aya-kanai/



ニューコラム 001

Girls Like You撮影開始当初のことをちょっと思い出してみた


 私、常盤響がぼんやりと考えたり、思い出したことをつらつらと書き連ねていくコラムです。というわけで、第一回は今回のグラビアにもなった「Girls Like You」という携帯サイトでやっている連載について思い出すままに書いてみようかな。


 自分にとって初めての長期写真連載、しかもヌードというの雑誌「サブラ」(小学館)での「GirlFriends」という連載でした。2000年の創刊号から2004年まで連載をして、写真集も2冊発売しました。これは結構売れたのです。この辺りの事はまたいずれ書いてみます。


 その連載が終わる頃始まったのが、この「Girls Like You」。それまでフィルムでしか撮影していなかったんだけど、携帯電話のグラビアコンテンツということではじめてデジタルカメラでの撮影にチャレンジする事になったわけ。


 そのために手に入れたカメラは発売されて間もなかったKodak DCS pro 14n。常盤さんはフィルム時代からかなり広角レンズやフィッシュアイを多用していたので、35mmフルサイズの素子のカメラが必要だったのですね。


 当時としては高画素の1371万画素のカメラだったんだけど、フィルムとの違いに慣れずに当初はかなり苦労したのを覚えています。室内の自然光や部屋の灯りで撮影することが多かったから、感度を上げると出てくるノイズにも悩まされたし、現像なんかも試行錯誤の連続で、恐ろしくて初期の写真を見れないくらい。


 最初はモデルもほとんどプロではなくて、企画運営の会社の方と一緒に知り合いにあたったり、その会社の社員の方の親戚のお嬢さんを撮影したこともあったんだよね。


 今はカメラもすっかりデジタルに変わって、もうフィルムで撮影することは無くなってしまった。フィルムの頃は同じカメラをずっと使うので、カメラに対する愛着がわきやすかったし、手に持った感じとか使ってる時のクセなんかが身体に染み付いてきたりしたんだけど、デジタルは定期的に新しいカメラになってしまうのが、ちょっと残念。


 このコラムを書くのに資料を見返してたら、2003年の夏前頃に最初の撮影をしてから現在までに200人を超える女の子を撮影てるのがわかった。200人超え!すごい人数だけど、不思議と名前を見るとその時の撮影のことを思い出せるんだよね。

 もう結婚して子供がいる娘(こ)、今では毎週テレビ番組のレギュラーとして頑張ってる娘などなど。


 時々連絡を取る娘もいるし、消息不明の娘もいる。印象深いモデルの事は時々思い出してどうしてるかな?なんて考えてるのデス。


 このニューエロスの中でも「Girls Like You archives」として、携帯サイトでは掲載されなかったきわどいカットなんかを含む写真を紹介して行きますので、楽しみにしていて下さい。そしていつか紙の写真集でまとめられたらいいなと思ってるのです。




・The Girl Who Always Smokes.  

今週の煙草を吸う女。


 ある年の夏に杏子と会った。「煙草を吸う女」の撮影に応募してきたのだ。暑い渋谷で待ちあわせて、小さなビジネスホテルの一室で煙草を吸ってもらい撮影をした。2本煙草を吸って杏子は服を脱いだ。

 次に会ったのはその年の12月だった。日比谷公園の向かいにあるホテルで撮影をした。とても寒い日で、外出したのは夕食を食べに出たのと、早朝に日比谷公園に行っただけ。後はずっと部屋で撮影をしていた。煙草は二箱空になった。

 model 杏子



・Voice from レコ部 001  レコ部とは常盤響がやっているustream番組です。この項はレコ部でかかる曲やアルバムのレビューと近年撮影している「レコード&ヌード」というシリーズを合わせてみた企画です。


Ray Parker Jr. and Raydio / A Woman Needs Love


 流し目の伊達男レイ・パーカー・ジュニア率いるレイディオの4枚目にして大ヒットアルバム。70年代中頃にバリーホワイト&ラブ・アンリミテッドオーケストラのギタリストとしてキャリアをスタートさせたレイ・パーカー・ジュニアはその後ハービー・ハンコックを始めチャカ・カーン&ルーファスやスティービーワンダーのセッションなどを経て、1977年に自身のグループとしてレイディオをスタートさせる。


 ボーカルもこなすレイ・パーカーJr.の甘いマスクもあってレイディオはデビュー直後からヒットを量産。1981年発売のこのアルバムに収められたタイトル曲 "A Woman Needs Love"は全米1位の大ヒット。


 当時ニューウェーブを聞いていた俺も、この甘ったるさとモテ感に思わずアルバム買ってしまったもんなぁ。

 このアルバムを最後にレイディオを解散したレイはソロとしても、1984年に映画「ゴーストバスターズ」の主題歌"Ghostbusters"で全米1位のヒットになったのはみなさんご存知でしょう。

model : 谷川えりか


・「ニューエロス」創刊にあたって。

 ブロマガをやりましょうという話になって、ブログすら熱心に書いてないのに「出来るの?それ?」と最初は思いました。

ただ自分の雑誌を作ってしまう様な事だと考えると俄然やる気になってしまい、こういう事になったわけです。


タイトルを決める時に色々なアイデアは出たのですが、女子の写真を載せておいてあまりオサレな感じにするのもどうよ?と思いまして、結果このタイトルです。


まぁギリシア語の元々の「愛」という意味に立ち返って、色々興味ある物事(女子でもレコードでもオイチイものでも)に対する愛や魅力を伝えていけたらなぁ、とぼんやり思うのです。


編集後記

 常盤です。筆無精の俺に週刊って大丈夫なのか?っていう疑問はさておき、こんなのが始まってしまいました。今、最初の〆切り直前なのですが、今日沖縄から帰ってきたばかりで、脳が沖縄脳になっている気がします。今日の沖縄はまるで夏みたいな陽気で、今住んでいる福岡とくらべると別世界でした。福岡は九州なので暖かいと思っている人も多いのですが、日本海側なので案外寒いのデス。というわけで、バタバタと作った創刊後ですが、いかがだったでしょうか?各コンテンツなどは暫定的なものですが、皆さんの意見などを聞きながらいい感じに進化して行ければいいなぁと。また、ゲストを呼んだり、読者参加型の企画なんかもやりたいと思ってます。 なので忌憚なきご意見、お便り等々募集しておりますのでぜひ!

------------------------------------------------------------ ニューエロス 第1号 2012年12月20日発行 責任編集、全撮影 常盤響 協力 東川昌弘

-----------------------------------------------------------


タグ: