SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。005


-----------------------------------------------

ニューエロス 第5号

2013.1.19

責任編集、全撮影 常盤響

表紙モデル 杏子

-----------------------------------------------


▼目次

・Dr.Boing ドクターボイン 篠田ゆう(その2)

・ニューコラム「煙草を吸う女について」

・The Girl Who Always Smokes. 今週の煙草を吸う女。

・Voice from レコ部

・ お知らせ、編集後記


Dr.Boing #002

ドクターボイン 第2回 

モデル 篠田ゆう 

2012年12月19日撮影

篠田ゆうオフィシャルブログ 

http://blog.livedoor.jp/you_shinoda/

ニューコラム 005

煙草を吸う女の写真を撮っている。


エロ写真を撮る人で、あまり撮る事が出来ないものに魅力を感じる人は多い。例えば、高山植物だったり、丹頂鶴の求婚だったり、有名なタレントだったり。


僕が仕事で写真を撮っていて、今はなかなか撮影できないものがヌード。いつのまにか、雑誌からどんどんヌード写真が減っている。なかなか仕事でヌードを撮る機会も減ってしまった。


そして煙草を吸っている写真。タレントや女優だと、実際は愛煙家でも世の中的なイメージが悪かったり、スポンサー受けが悪かったりするので、まず喫煙している写真は使えない。


最近は女性だけでなくて男性タレントも煙草を吸っている写真を撮るのは難しくなっている。普段仕事以外で撮影をする時は、仕事だと撮れないものを撮るのが好きだ。


タレントではない女性、ヌード、街で見かけた人々。そんなこんなで何となく煙草を吸う女性の写真を撮り始めたのだけど、煙草を吸う行為自体がなかなか絵になるので撮っていて楽しい。


思えば、昔の写真、ミュージシャンだったり俳優だったり、男性女性問わず大人を演出する小道具として煙草が重宝されたのもわかる気がする。


CDのジャケットには少ないが、レコードの時代のジャケットには煙草を吸っている写真が多く存在する。


結局、僕はそんな時代の写真が好きなのだ。今や煙草を吸う人の方が少数派で、煙草を吸わない男性からは煙草を吸う女性は嫌われたり、文字通り煙たがられたりする。


まぁ、写真からは受動喫煙はしないので大目に見て下さいな。そして、煙草を吸っている女性の方、写真を撮らせてくれませんか? ヌードじゃなくても結構ですよ。


最後に僕の好きな煙草を吸う女のLPジャケットをふたつ。


Jeanne Moreau / 12 Chansons De Cyrus Bassiak

Marie Laforet / Best


2枚ともフランスの女優、ジャンヌ・モローとマリー・ラフォレのアルバム。

旅をしての印象だけど、フランス人は男女問わず、煙草をよく吸っているイメージ。女の人でもスパスパ吸っている。だから、フランスが屋内のお店が全面禁煙になったのは驚いた。そして、フランス人がその法律をよく守っている事にも。


The Girl Who Always Smokes.

今週の煙草を吸う女。

煙草を吸う3人の女。

3人の女の写真を撮った。 3人とも写真を撮るのは初めてだった。 ひとりは会うのも初めてだった。 ひとりは顔見知り程度だった。 ひとりは昔から知ってるけど二人きりで会うのは初めてだった。 3人ともたわいのない話をしながら 美味そうに煙草を吸った。


model : anzu, takako, michiko




voice from レコ部。

Steam / Steam


禁断のサウナポップ決定版!ってなんの事だかわからないけれど、一目見て、二度見したくなくなるこのジャケットがイカしてます。


Steamというバンド名から安易に思いついたと誰でも想像できる通り、バンドの成り立ちも非常に安易。このアルバムの発売年は1969年。


前年1968年に鳴かず飛ばずだったバンド、レモン・パイパーズにサイケ風味のバブルガムポップ“Green Tambourine”を提供して、見事全米1位を獲得したのがソフトロック界の名プロデューサー、ポール・レカ。

彼が半ば捏造気味に送り出したのがこのスチーム。レカが以前組んでいたバンドメンバー達と適当なバンド名をつけてシングル盤をリリースした“Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye”も全米1位の大ヒット。慌ててレギュラーなバンドの体でアルバムもリリースしてしまったというわけ。


だから、こんなにも安易な迷ジャケットが生まれたんですな。ポール・レカはその後もソフト・ロックからメジャーなグループまで色々プロデュースしたり楽曲提供したりしていましたが、一昨年惜しくも亡くなりました。合掌。


“Green Tambourine”も“Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye”まさに時代の匂いがする名曲なんで聞いてみてね。


Steam / Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye https://www.youtube.com/watch?v=QaG2Acg8n60


Lemon Pipers / Green Tambourine https://www.youtube.com/watch?v=oIAzQ6M2Bow


model : 宮下楓


編集後記

東京に初雪が降った日にこの原稿を書いてます。福岡はちょっと早春のようないい天気の日でした。福岡に来て驚いた事、これは東京の友人も勘違いしている事なんですが、福岡は九州ですが決して暖かくはないんですね。熊本や宮崎、鹿児島なんかは暖かいのだろうけど、日本海側なので、なかなか風も冷たく雪も降ります。夏は東京より暑いけれど、冬は東京よりも長く、体感温度も寒い様な気がします。僕は寒いよりも暑い方が好きなので、早く暖かくならないかなと考えながら、一番寒さの厳しい2月頃にどこか暖かいところに行きたいなんて思ってるのです。昨年は2月にタイのバンコクに行きました。確か一昨年もバンコクだった気がします。今年は財布が凍えそうなので、暖かいところに行けるかどうかは不明なのですけどね。もし行けなかったらサウナにでも行って汗をかきたいと思います。


------------------------------------------------------------

ニューエロス 第5号

2013年1月19日発行

責任編集、全撮影 常盤響

協力 東川昌弘

-----------------------------------------------------------