SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。006


-----------------------------------------------

ニューエロス 第6号

2013.1.26

責任編集、全撮影 常盤響

表紙モデル 梢

-----------------------------------------------


▼目次

・nico nama gravure #002 藤沢夢華

・ニューコラム「Greg Friedlerの写真集"Mattress"を見てたら、自分のベッドで撮った写真を思い出した。」

・Voice from レコ部。「Miltinho / Bossa & Balanco」

・ お知らせ、編集後記



*写真がロストしてしまいました*



nico nama gravure #002

ニコ生グラビア 第2回 モデル 藤沢夢華 2013年1月19日撮影


【ニコ生】ナマ脱ぎ! グラビア撮影生放送!!の2回目はこちら側のアクシデント、機材トラブルにより放送直後に映像が出ないまま放送終了してしまいました。

たくさんの方がタイムシフト予約をしてくれて、観にきてくれたのですが。直後に、色々やりなおして30分遅れで別のアドレスで放送し直したのですが、時すでに遅し。

モデルの夢華ちゃんも頑張ってくれたのですが、それをお伝えすることができませんでした。楽しみにしてくれてた皆さん申し訳ありませんでした!

というわけで、その時に撮影されたグラビアを公開します。いい感じでしょ? というわけで、1/29に入念な機材チェックの上、藤沢夢華ちゃんの生撮影をリベンジします。


藤沢夢華オフィシャルブログ http://ameblo.jp/yumeka-fujisawa/



ニューコラム 006

Greg Friedlerの写真集"Mattress"を見てたら、

自分のベッドで撮った写真を思い出した。



Greg Friedler / Mattress (2001 Goliath)

Greg Friedlerはアメリカはニューオリンズ生まれのアーティスト。1970年生まれだから今年で42歳。今はコロラド州のデンバーに住んでいるらしい。


彼を有名にしたのは、1999年から2008年までに連続して出版された写真集 "Naked London"、 "Naked New York"、 "Naked Los Angels"、"Naked Las Vegas"のシリーズだ。


このシリーズは各都市での老若男女のポートレートで、一風変わっていたのは左ページに服を着た写真、右ページには全裸の写真が掲載されている。


全裸とはいえ、エロティックというよりは淡々と人物を切り取っていて、まるでその土地の土や石などのサンプルを見せられている様な感覚になる。


この"Mattress"という写真集はGregの4冊目の写真集で2001年に発表された。殺風景な壁の前に置かれたスチール製のベッドフレームの上に置かれたマットレス。あまりセンスのよろしくない花柄のシーツもかけられてないマットレスの上で全裸で寝そべる女性の写真。


これが延々続くだけの写真集。Gregの淡々とした作風は相変わらずなんだけど、ベッドに横たわっているだけで、多少扇情的な雰囲気になる。


ただ、これは写っている女性側の気分の問題だろうと思うのだけど・・・。

久々にこの写真集を見て、自分が撮った写真で思い出したものがあった。数年前のある時期、自宅のベッドのシーツや布団カバーが鮮やかな緑色だった事があった。たまたまベッドで寝そべってた女の子を撮ったら、ストロボに緑が映えてなかなか面白かったので、その後も時々撮っていた。


Gregの"Mattress"のような作品にするための明確なコンセプトなどを考えて撮ってないし、多分10人くらいしか撮影していないので、シリーズとも言えないんだけど、額装して並べると面白そうな気がする。

ちょっとだけお見せします。


model : 上から順番に上原結奈、小松詩乃、真白希美、高嶋絵夢




voice from レコ部。

Miltinho / Bossa & Balanco


ブラジルの大衆人気歌手として50年代からサンバカンソンを歌ってきたミルチーニョの1964年作。 ルックスと同じく男前な歌声で、美人歌手とのデュエットアルバムなんかも多数出してますね。

僕はミルチーニョのデュエットではDoris Monteiroとのデュエットのシリーズがお気に入りです。 さて、このアルバム、「ボサ&バランソ」というタイトルも最高で名曲ぞろいなんですが、 僕はなんといっても、1曲目の”SO VOU DE BALANCO”という曲が大好きで、DJの時なんかも最初によくかけていました。

YouTubeにも上がってましたので聴いてみて下さい。関係ない映像がつけられていますけど。


https://www.youtube.com/watch?v=VOwsqVJ7__U


model : 樋口結花

編集後記

今号が届く頃、岩手県に向かう飛行機に乗っているはずなのですが、岩手に飛行機で行くのは初めて。福岡に引っ越さなければ花巻空港に降り立つ事も無かったでしょう。毎年年末か年始に岩手県は水沢でDJをしてきました。俺的には年に一度会う友人との忘年会のような気分で。最初は水沢の友人がやっているバーのアニバーサリーイベントだったのですが、そのバーが閉店してからは、あちこちの箱でやるようになりまして、前回は水沢ではなく遠野でのイベントでした。今回は水沢に帰ってきて、ちょっとスペシャルなイベントになります。東京カリ~番長のカレーが振る舞われ、DJ陣もWARA君や気仙沼の箱石君など豪華。今夜ですので、お近くの方はぜひ遊びに来てください。それから、岩手に行くついでにエロス世界遺産の取材もしてきたいのですが、岩手県ってあまりそういう場所が無いイメージ。ご存知の方ぜひ教えて頂ければと思います。よろしくお願いします! ------------------------------------------------------------ ニューエロス 第6号 2013年1月26日発行 責任編集、全撮影 常盤響 協力 東川昌弘

-----------------------------------------------------------