SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。012


-----------------------------------------------

ニューエロス 第12号

2013.3.9

責任編集、全撮影 常盤響

表紙モデル 杏子

-----------------------------------------------


▼目次

・Girls Like You archives #005 水沢優那

・ニューコラム 

・エロス世界遺産 006 岩手県水沢を歩く。02

・ お知らせ、編集後記


Girls Like You archives

第5回 モデル 水沢優那 2010年7月26日撮影 エロス世界遺産が水沢の町を紹介してるので思い出してしまった水沢優那ちゃん。2010年の7月の撮影でした。 背は小さいのだけど大迫力のボディと天真爛漫さとセクシーさが交互に責めてくる表情が良かったなぁ。また撮影したいですね。 久々に水沢さんの写真見返したらなかなかセクシーなのがたくさんあったので、また載せたいと思います。


水沢優那 オフィシャルブログ 水沢優那の☆優ニャンニャン☆ブログ http://ameblo.jp/mizusawayu-na/

ニューコラム 012

ブロウフライのコラージュ

データを整理していたら、昔作ったブロウフライのコラージュが出てきました。 レコードジャケットをカラーコピーして切り貼りし、ペイントしてからスキャンして作ったのを覚えてます。

ブロウフライとは奇天烈なマスクをかぶり、ソウルを始めとした名曲を下品な替え歌にして歌う謎のお下劣ソウルシンガー。 アルバムもマイナーレーベルからですが沢山リリースしています。

上に載せたのは彼のアルバムの一部ですが、どれも下品きわまりなくてビザールなジャケットでしょう?たまりません。

この謎のハエ男の正体はマイアミの実力派コンポーザー、シンガーのクラレンス・リード。 数々の名曲を書き、自身のアルバムもヒットさせているリードが何故に下品なハエ男に変身しているのかは謎なんだけど、そんな変身願望ってわからないでも無いです。それにしても、変身後の吹っ切れようがいいですね。

僕がブロウフライの事を知ったのは、宝島で連載していたイラストレーターの湯村輝彦さんのコラムからなんですが、エロくてフェティッシュでカッコイイ湯村さんのイラスト世界とリンクしてる感じがしたのを覚えてます。

そんな訳で、以前に湯村さんのトリビュートDVDに参加した時も、マスクと衣装を作って僕自身がブロウフライに変身した映像作品を作りました。 非常にくだらなく下品な作品なのですが、今度機会があったらそのDVDも紹介したいと思います。

エロス世界遺産。#006

岩手県水沢を歩く。02

岩手県の内陸の南部に位置する水沢をブラブラしています。 水沢のスナック街にまつわる話で驚いた話。地元の友人に聞いたのですが、水沢の歓楽街に初めてのセクシーパブが出来た時の話。どんなものかと行ってみると、以前に彼の同級生の親子がやっていたスナックだったそうです。そこが居抜きでセクシーパブに変わっていたので、勇気を出して入ってみると、ランジェリー姿の同級生が出てきて、膝の上に乗りおっぱいを触らせたらしいのです。 それだけでもかなり気まずかったのですが、音楽が変わったら、その同級生のお母さんがでてきて、膝の上に乗られたらしいのです。気まずいよりも、立ち直れない気分で店を後にしたんだとか。なんでも、親子で営業していたスナックが不振で起死回生のアイデアとしてセクシーパブ化したらしいのですが、スナック以上にリピーターが現れず、結局店をたたむことになったらしいのです。まぁ、真偽のほどはわからないのですが。

というわけで、前回は水沢で一番の歓楽街、寺小路近辺をウロウロしましたが、今回は他のエリアを歩いてみることにします。

駅前から延びるアーケード街の靴屋さんの素敵なシャッター。日曜日なので休業中。


日曜ということもあってシャッターが閉まりがちなアーケード街を進み、水沢グランドホテルを越して最初の角を左折します。 するとすぐに不審な建物が。

火事にあったかのような煤けた色合いの怪しい建物が現れました。

なかなかファンキーなロゴでディスコハウス「ラマンダ」の文字。このロゴ最高ですね。

このビルには「カルーナ」「ラマンダー」「アラモ」「東東」の店舗が入ってるようです。 こちらの看板では「ラマンダ」ではなく「ラマンダー」なんですね。

ビルのエントランス。こちらも表記は「ラマンダー」です。どれもロゴが微妙に違います。70年代の感じのまま残ってるのがいいですね。 地元の方に聞いてみたところ、出来た当初はディスコだったかもしれないけれど、どちらかというと、フィリピンパブのようなショーパブのお店だったらしいです。 現在は営業はしていないのですが、イベントやライブなどの会場として貸し出しているらしいです。内装も気になります。

大型ショッピングセンターメイプルの手前を左折したあたりのスナック。 もう閉店している「アルル」の看板がいい感じです。

呑気なイラスト入りの工事用フェンス。

周りに散らした音符記号のせいで、店の名前「祝(いわい)」がまったく目立たなくなっている。 一瞬なにが描いてあるのかわからなかった。

慣れない雪道を歩くのは結構疲れるものです。 メイプルの間の道113号沿いにある「DEE DEE'S CAFE」でお茶をしました。