SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。022


-----------------------------------------------

ニューエロス 第22号

2013.5.18

責任編集、全撮影 常盤響

表紙モデル 照沼ファリーザ

-----------------------------------------------


▼目次

・Girls Like You archives #012 愛実

・ニューコラム 022 「レコ部の、お世話になっております。ツアー後半」

・Voice from レコ部。  Biz Markie / Let Me Turn You On ・お知らせ、編集後記


Girls Like You archives #012 第12回 モデル:愛実 2013年4月18日撮影 今回の『Girls Like You archives』は、先月撮影したばかりの撮りおろし第2弾。 今回もすごくセクシーな雰囲気がありながら可愛らしく、撮影していて楽しかったです。 モデルの愛実さんは最近DVDを出したばかり。そちらも要チェックです。  愛実オフィシャルブログ「JUICY LOVE BERRY」 http://ameblo.jp/juicyloveberry/ DVD『SEXY過ぎる介護師 露天風呂で魅せちゃう…』発売中! http://www.amazon.co.jp/DVD/dp/B00BHWXPMU/ ニューコラム 022

「レコ部の、お世話になっております。ツアー後半」 シンガーソングライターの前園直樹君と一緒にまわっていた『レコ部の、お世話になっております。』ツアーも無事終了しました。 水戸から福岡までの全6カ所に渡るツアーの後半戦をレポートします。 5/2(木) 前日は早めに(といっても0時ころだけど)就寝したので、早くから起きてニューエロスの原稿書き。昼頃に前園君と落ち合ってホテル近くの喫茶店へ。のんびりお茶などして、ふたりでJRで神戸に向かう。 神戸、三宮駅のコインロッカーにレコードを預けて、元町の『ルーシー』へカレーを食べに向かう。しかし、残念ながらルーシーは休憩中。名物の「おつカレー」が食べたかったのに…。しょんぼりしながら元町の高架下を駅方面に戻る。 お腹がペコペコだったので、レコードを見るのは後回しにして駅そばの『丸玉食堂』へ。

丸玉食堂にて。 とりあえずビールを飲みながら、ローメン、焼飯、豚肉角煮、春巻き。 腹ごしらえも出来て、元町高架下のレコード屋さんへ。2軒ほどまわって、そこそこ良い感じのものをゲット。ブラブラと三宮方面へ戻りながら途中、喫茶店で一服。 なんだかんだ夜になっておりまして、コインロッカーからレコードを出して今夜のイベント会場『キテン』へ向かう。 お腹もいい塩梅にすいてきたので、途中お気に入りの台湾料理店『金山園』へ。

金山園にて。 ビール、腸詰め、水ぎょうざ、もやし炒め。シメはいつもの汁無し麺。 相変わらず最高に美味い。

金山園の汁無し麺。最高です! 久々のキテンは相変わらずの雰囲気。でも、DJブースが広い場所に移動していてビックリ。サポートDJもグルーヴあんちゃん、「オレンジレコーズ」の社長&専務、北澤望夢君と盛り上がるに決まってる面子。

今回のツアーでは唯一、朝までのイベントでガンガン盛り上げました。あんちゃんがDJの時には、京都のエリカティックも歌ってくれました。

冗談伯爵のライブ。「すてきなあなたに」では、あんちゃんがベースを弾いて盛り上げました。

朝方はみんな酔っぱらい、盛り上がり、歌い、笑いタイヘンでした。 京都、大阪などからも集まってくれたり、旧友も駆けつけてくれて嬉しかったなぁ! 徳島のやまのぼるさんもわざわざ来てくれました。 朝、名残を思いっきり惜しんでから、車で梅田まで送ってもらってバタンキュー的に就寝。 5/3(金) 10時にチェックアウト。寝坊してシャワーも浴びずボロボロのままロビーへ。同じく寝不足のはずの北澤君が迎えにきてくれて、前園君と三人で梅田で珈琲。 その後、昼食に僕のリクエストでリーガロイヤルヤルホテルに入ってるうどんの『今井』へ。今井ではビールと、おつまみでちりめん青唐。鱧丼とおぼろうどん、まめごはん。 満腹になったところで日本橋の『ナカレコ』へ。昨夜も来て下さったナカレコさんに挨拶をして、新世界の喫茶店で眠気と戦いながらお茶。北澤君に伊丹空港まで送ってもらう。 伊丹で少し時間があったので、前園君とラウンジでぼんやり。 前園君は故郷の鹿児島へ。僕は福岡へ。次のイベントまで数日のお別れ。 5/10(金) 大阪から福岡に戻って、旅の疲れを癒したり女子サッカーを観に行ったり…。GWを満喫しつつ仕事をしていたら、あっという間に一週間たってました。 昼過ぎ、福岡天神バスセンター発の高速バス「ひのくに号」で熊本へ。2時間ほどのバス旅。新幹線なら30分ほどだけど、バスが着く場所が都合いいのと、往復で3600円という安さが魅力です。熊本の市街地のちょっと手前、水前寺駅のそばの味噌天神で降車。 前園君との約束よりかなり早めに着いたので、先にホテルでチェックイン。

ホテルからの眺め。ローカルな雰囲気。 ほどなくして前園君も到着して、市電で街中へ。会場の『メラメラ』へ向かう途中、東京から参戦のDJ渡辺君にもバッタリ。 メラメラに荷物を置いて、前園君と渡辺君の3人でお気に入りのうどん屋『みのや』へ。

みのやと前園君。

みのやでいつも頼む「ごぼ天まめ店うどん」。 みのやは20年近く前、初めて熊本に来た時に、仕事相手の人に連れられてきたお店。ココで僕はうどんに開眼したのです。 サクっとうどんを食べて、居酒屋で前飲み。メラメラのしんじ君、キャプテンOZA、コモエスタ嶋田さんの今日のDJ陣も合流して、イベント前なのにかなり盛り上がる。 すっかりいい気分でメラメラに戻りイベントスタート。

齢六十過ぎとは思えない素敵なパイセン。コモエスタ嶋田さん。

渡辺君のDJ。とにかく、みんなテンションが高めです。

冗談伯爵のライブも大盛り上がり。

もうこんな事になってて誰にも止められません。 メラメラは、クラブではなく焼き鳥屋なので照明が明るいのです。そこで盛り上がってるから、異様な雰囲気に知らないお客さんも入ってきたりして。 3時ごろにイベントを終了して、何人かでラーメンを食べに行きホテルへ。

もう薄っすらと明るくなったホテルの殺風景さがちょっと寂しい。 5/11(土) 9時45分にロビーで待ち合わせしてチェックアウト。味噌天神から高速バス「ひのくに号」で福岡へ。天神バスターミナルからは、タクシーで一旦自宅へ向かう。福岡では前園君は僕の家に泊まるので、とりあえず珈琲を入れて一服。 昼食は近所の水鏡天満宮横町にある、鯖料理の店『真』へ。ランチは鯖の一枚焼き定食しかないのだけど、これが激ウマ。食後、ブラっと散歩してから川端の『シャポー』でお茶をして家へ。開場入りの時間までしばし休憩。 17時過ぎに家を出て、大名の『ペトロールブルー』へ。すでに、店長のこいでさんと手伝ってくれている河津君が、セッティングを始めてくれていた。 福岡では冗談伯爵のライブ以外に、前園君の弾き語りもあるのでリハーサルを。

リハーサルをする前園君。

イベントが始まりました。 ペトロールブルーはいつもは落ち着いた感じのバーなんだけど、お客さんもだんだんバーらしくない盛り上がりに。前園君の弾き語りライブは、ギターも歌もマイクを通さず生の声で。素晴らしさにみんな聞き入ってました。 サポートDJであるカドピちゃんのDJもいい感じで、最後にはみんな踊りだしてしまい、結局他の会場と同じように盛り上がりました。

しかもサプライズで1週間早い誕生日を祝ってもらいました。 本当のレコードから型を取ったケーキです。スゴイ! 3時過ぎまで盛り上がって、帰りに『ウエスト』でうどんを食べて自宅へ。でも前園君とお酒を飲みながら、6時過ぎまで反省会と言いながら飲んでおりました。 というわけで、『レコ部の、お世話になっております。』2013ツアーが無事終了しました。各会場のオーガナイザー、お店の方、DJの方、そしてお客さん。本当に感謝しております。 なによりも、僕らが楽しすぎたツアーでした。これに懲りずまた呼んで下さい! ありがとうございました。 Voice from レコ部

Biz Markie / Let Me Turn You On ビズ・マーキーの1993年に発表された4枚目のアルバムからのシングルカット。 McFadden & Whiteheadのディスコクラシック "Ain't No Stoppin' Us Now" をまんま使ってオモチロラップとオモチロソングをのせた、ビズ・マーキーならではの心温まる傑作。 オリジナルの方のリンクも貼っておくので両方チェックしてみてね。  Biz Markie / Let Me Turn You On https://www.youtube.com/watch?v=4LgS2PyAPCU

McFadden & Whitehead / Ain't No Stoppin' Us Now https://www.youtube.com/watch?v=VgYczUH-QWQ MODEL:篠田ゆう 編集後記 今回、予告では『エロス世界遺産-徳島編-』を掲載する予定だったのですが…。愛実さんの写真で載せたいものが多く、さらにツアーレポートも写真が多めだったので、写真たっぷりのエロス世界遺産は次号にまわすことにしました。楽しみにされていた方、申し訳ありません。 この号が出るのは誕生日の翌日。祝われるのは照れくさいながらも嬉しいのですが、歳をとるのはイヤですねぇ。歳をとるなら一気に老人になれば良いのに。まだ煩悩が多すぎるので、達観した老人にはなれそうもないですけれど。 -------------------------------------- ニューエロス 第22号 2013年5月18日発行 責任編集、全撮影 常盤響 ---------------------------------------