SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。039


------------------------------------------------------------

ニューエロス 第39号

2013.9.14

責任編集、全撮影 常盤響

表紙モデル urara

------------------------------------------------------------

▼目次 ・Girls Like You archives #029 藤森遥香 ・ニューコラム 039 「Polaroid」 ・The Girl Who Always Smokes. 今週の煙草を吸う女。    ・お知らせ、編集後記











Girls Like You archives #029

第29回 モデル:藤森遥香 2004年12月12日撮影


撮影時のプロフィール

藤森遥香 26歳 B86 W60 H84 職業OL



ニューコラム 039

「Kodak DCS Pro 14n」


今回のGirls Like You archivesは2004年に撮影した藤森遥香さんの写真でした。10年ほど前の写真になりますが、僕が初めて1眼レフのデジカメを手に入れたのは2003年でちょうど10年前の今頃でした。それまでは、フィルムの35mm及び645サイズのカメラを使っていて、まだデジタルに移行しようとは思っていない時期でした。通常の雑誌の仕事等はまだフィルムで撮っていたのですが、webでの連載が始まることになり、フィルムをスキャンして載せるのもどうかという事になり導入したのが、発売されて間もないKodak DCS Pro14nというカメラでした。



このカメラはニコンF80をベースに作られていて、レンズもニコンマウント。当時としては最高の1370万画素のフルサイズcmosセンサーのカメラでした。すでに、キャノンがEOS-1Dsを発売していてフルサイズのデジカメはあったのですが、フィルムカメラはペンタックスとコンタックスを使っていたので、なんとなくキャノンではなくニコンマウントのカメラにしたのです。フルサイズでなければいけなかったのは、僕が通常使っていたレンズがフィッシュアイや超広角だったからです。当初はニコンの50mmレンズとシグマの14mmレンズの2本しか持ってませんでした。


僕自身、デジカメに慣れていなかった事もあり、初期の撮影ではけっこう苦労したのを覚えています。このカメラは高感度にするとノイズが酷く、スタジオ向きのカメラだったので、僕のように室内のタングステン光のみで撮影したりすると、なかなか思うように撮れませんでした。フィルムの場合、増感現像した時の粒子の粗さ等は味わいとしてオッケーだったのに、デジタルの当時のノイズはまだまだでした。とはいえ、それまでコダックのフィルムを使っていたので、コダック系の発色は気に入ってましたし、当時としては解像度が高く、ダイナミックレンジが広かったのを覚えています。


当時撮った画像を見ると、室内の光で感度を上げて撮影した写真では髪の毛などの暗い部分の上にノイズが乗ってしまっています。


あと、もうひとつ大きな問題点は左右で色味がちがうこと。

下の写真でも左の方はグリーン、右の方にマゼンタがかぶっています。


他にも、バッテリーの持ちが悪いとか、色々言い出したらきりがないカメラですが、2007年にNikon D3に買い替えるまでは、国内外の撮影で頑張ってくれました。


当時はRAWデータの現像ソフトも貧弱で、当時フィニッシュしていた画像も今見るとガッカリなものも多いのですが、最近、当時のデータを新しいライトルームで現像し直してみるとなかなか良い仕上がりになるので、最近は昔のデータをいじるのが楽しいです。


今回の藤森さんの写真も今回現像してみたものです。10年前の写真が鮮やかによみがえると少しドキドキしますね。色んな事を思い出して。




The Girl Who Always Smokes. 今週の煙草を吸う女

裸のまま窓を開けてると、少し肌寒くなってきた。 MODEL:koito 煙草を吸う女のモデル募集しています。ヌードじゃなくてもいいですよ。


編集後記 やっと引っ越し先も決まり、引越し業者も決まり、引っ越しを待つだけなのですが、東京から福岡に引っ越した2年前の事を思うと、あの大変さ再びという感じで気分が重くなります。東京ではたくさんの友人たちが日替わりで手伝ってくれてなんとかなりましたが、今回はそれもなかなか難しく、はたして引っ越し当日までに箱詰めが終わるのだろうか?と不安で一杯です。まぁ、まだあけていないダンボールもたくさんあるので、その分だけ箱詰めは楽かな?と。とはいえ、新居は今の家よりも福岡の中心地寄りなのですが、今より狭くなってしまうので、荷物が収まるかが最大の問題なのですけどね。 ともあれ、今月でこの部屋とはオサラバ。前回東京では最後に部屋で撮影をしたのですが、今の部屋もなかなか絵になる部屋なので、だれかをモデルにして最後に撮影をしたいと思っています。 ------------------------------------------------------------ ニューエロス 第39号 2013年9月14日発行 責任編集、全撮影 常盤響 ------------------------------------------------------------