SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。051


------------------------------------------------------------

ニューエロス 第51号

2013.12.7

責任編集、全撮影 常盤響

表紙モデル 真田聖愛

------------------------------------------------------------

▼目次 ・Girls Like You archives #038 宮崎寿々佳 ・ニューコラム 050 「ミーのカー。」 ・Voice from レコ部 12/1 レコ部セットリスト ・お知らせ、編集後記
















Girls Like You archives #038 第38回 モデル:宮崎寿々佳 2012年4月23日撮影 宮崎寿々佳公式ブログ 宮崎寿々佳のすずかのおうち http://ameblo.jp/suzu-csrg/ ニューコラム 050 「ミーのカー。」 10年ほど前に免許も持っていないのに車を買った。 何冊目かの写真集を出した頃で、その印税を使って買ったのだ。 車の車種はランボルギーニ・エスパーダ。子供の頃から憧れてた車だった。

その何年か前に教習所に通おうとしたことはあった。リリー・フランキーさんと一緒に教習所に通おうと申し込んだんだけど、僕は結局お金だけ払い込んで一回も教習所には行かなかった。で、さすがに車を買ってしまえば免許を取るだろうと思ったのだ。 最初に車を買うのならこの車と決めていた。その頃はベルトーネに在籍していたイタリアのカーデザイナー、マルチェロ・ガンディーニがデザインした車で、1968年に生産が開始され、日本へは1969年に最初の車が輸入された。V型12気筒4000ccのエンジンをフロントに置いた、3ドアハッチバックのフルサイズ4シーターの大きな車。 AXISというデザイン誌でマルチェロ・ガンディーニと公開書簡をやりとりする機会があって、その事も購入への後押しとなった。 もっとも、日本にはあまり入って来ていない車で、探してもあまり無く、ヤフーオークションで逆オークションで探していたら、京都の車屋からレストア前のエスパーダがあるから見に来ないかとの連絡があった。行ってみると、そのエスパーダはシリーズ1とよばれる希少な最初のモデルだった。 エスパーダには大まかにシリーズ1からシリーズ3まで3種類あって、シリーズ1は1968年から1970年まで168台が生産された。運転席のインパネなど、ガンディーニのオリジナルデザインに忠実なのはシリーズ1で、後先考えずに即決してしまった。 家に届いてから、友人や弟に運転してもらって何度か街を走った時はあるけれど、基本は駐車場に停めっぱなしだった。本当にムダな様に思うけれど、僕はそのデザインが好きで買ったので、実物大のミニカーの様な気分だったのかもしれない。昔のラジオや8トラック、ポラロイドカメラなんかも使用しないのに所有している。まぁ、そんな感じだ。でも、仕事で煮詰まった時とかに駐車場に行って、シートに座るとなんともいえずいい気分がしたし、運転しなくても充分満足だった。 福岡に引っ越す少し前に、駐車場の中で建物の工事の車に軽く当てられて、修理をする事になった。そのまま工場に入ったまま、僕は福岡に引っ越し、福岡で免許を取った。福岡では、もらった車に乗っているのだけど、保険の折り合いがついて、やっとエスパーダの修理が始まる事になった。ボディワークには定評のある有名な工場で、ピカピカに直してもらうのだ。

でも、僕はもうランボルギーニ・エスパーダを売ってしまおうと思っている。結局一度