SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。071


------------------------------------------------------------

ニューエロス 第71号

2014.04.26

責任編集、全撮影 常盤響

表紙モデル coco

------------------------------------------------------------

▼目次 ・new eros pictrial #018 caged bird.  model : kaede ニューコラム 069 「ぼんやり九州紀行、その2。」 ・お知らせ、編集後記











new eros pictrial #018 caged bird.

モデル:kaede 2014年3月19日撮影

ニューコラム 069 「ぼんやり九州紀行、その2。」


先週に続いて九州をぐるりとドライブした時の続きです。先週は弓削神社というエロス感満載の神社に行けたのですが、今回はどうでしょうか。前回はすっかり陽が暮れた後に鹿児島は桜島のシーサイドホテルに到着したまででした。その日はホテル到着後、真っ暗な露天風呂に入ってすぐに寝てしまいまたので、朝起きて露天風呂に入ろうと思ったのですが、ちょっと寝坊してしまい、露天風呂に行ったら掃除が始まっていました。 ホテルをチェックアウトして朝の桜島をドライブ。 最初に行ったのは、港の近くにある月読神社。

神社のロゴがカクカクしててカワイイ。

灯籠の穴が月の形なんですな。


お札は大麻って書くんですな。 月読神社は700年代に創設された古い神社ですが、大正時代の桜島噴火で溶岩のしたに埋没してしまい、現在の社は移築されたものです。名前の通りツクヨミノミコトが祭られた神社ですが、桜島の名前の由来となっているコノハナサクヤヒメも一緒に祭られています。

月読神社脇の展望台から鹿児島市街を望む。 この後、桜島をぐるっとまわってほぼ反対側にある黒神原五社神社へ。ここも大正の噴火で溶岩に埋まり、鳥居も埋没してしまいました。

埋没鳥居の案内。ピクトグラムも埋没してます。

見事に埋没した鳥居。鳥居は3mくらいあったそうなので、溶岩に2m以上は埋まっているということです。

埋没鳥居の奥を行くと原五社神社がありました。良い佇まい。

コンクリ(モルタル?)で作られた渋い神社です。

中もすごくシンプル。観光に来る人は鳥居だけ見て社まではなかなか来ないみたいです。

原五社神社の脇にある小さな祠。 この後、桜島を出てまた霧島方面へ向かいました。桐島の鹿児島神宮へ行く前に駐車場を探してたら卑弥呼の像を見つけました。

卑弥呼の像。けっこう新しいものと思われます。

参道はいい感じ。

社も新しく、まぁ、さほど見どころはないですな。 卑弥呼神社の脇の階段を上がって行くと石體神社があります。 こちらは、かなりイイカンジです。このあたりは、高千穂宮のあった場所と言い伝えられているそうです。

参道の脇や境内には巨石がゴロゴロしてます。


小振りだけどちょっとカッコイイ狛犬。


ここは、安産の神様として知られているらしく、拝殿と本殿の間にある石塔に置いてある石を持って帰り、無事に子供が生まれたら石を二つにして返すという風習があるらしいです。

スベスベの石がたくさん置いてありました。

鹿児島神宮脇のお稲荷さん。鳥居が細い。

像がいた。

鹿児島神宮。立派でしたが、僕的にはそんなに見どころはありませんでした。

奇岩が置いてあった。竜宮の亀石だそうです。