SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。104


------------------------------------------------------------

ニューエロス 第104号 2014.12.13 責任編集、全撮影 常盤響 表紙モデル miko ------------------------------------------------------------

▼目次 ・new eros pictrial #048 My New EROS.  model : miko ・ニューコラム #094 「初めて買ったレコードについて少し。」 ・大野ケイスケの0721文 「聖路加の夏」 ・The Girl Who Always Smokes. 今週の煙草を吸う女 ・お知らせ、編集後記
















new eros pictrial #048 My New EROS.

モデル MIKO  黃可 Model Agency:URAKU TAIWAN 台湾のモデルMIKOちゃんのグラビア第4弾。 今月の21日まで、台湾で「我的新愛神 My New EROS」という展覧会をやっています。 僕も作品を展示したり審査員をしたりしています。 http://www.myneweros.com/jp/photographer.php 我的新愛神 My New EROS 2014年 11月4日〜12月21日 台北 Little MOCAギャラリー http://www.littlemoca.com MIKOちゃんを撮影したカレンダーも会場で売っています。

ニューコラム #094

「初めて買ったレコードについて少し。」 いつもレコードのことばかり考えていた。最近はレコードを買っていないので、なるべく考えないようにしているけれど、物心がついた頃からレコードが欲しくて仕方がなかった。本当に幼い頃には、父親がかけるレコードが物珍しかった。音楽が、というよりもレコードが、だ。なんとなくわかる、家で一番高価そうなもの、それが父親のステレオだった。そこで休みの日に父親が大事そうにかけるレコード。今思えば、それはスリーサウンズやアットブレイキーなどのジャズだったんだけど、その音楽よりも、高価な機械の上で回転し音を出す円盤に興味津々だった。そのうち、子供用のポータブルレコードプレーヤーと幾つかの子供向けのEP盤や雑誌の付録のソノシートなどを与えられたけれど、逆にLPへの憧れは募るばかりだった。あまりにLPに興味を示すので(父親のジャズのレコードは触ることができなかった)母親の昔聞いていたLP、父親のいらないLPを何枚かもらったりしてそのレコードはとにかくよく聞いた。でも、ジャズやポピュラーではなく、近所の大学生が聞いているようなロックやフォークのレコードが欲しいといつしか思うようになった。1972年か1973年、小学生になったある日、記憶が定かではないが叔父や叔母からもらったおこずかいを持ってレコード屋に向かった。地元の楽器屋とレコード屋が一緒になっている小さなお店。小学校1年生には大金の2千円。これだけあったら、駄菓子屋でどれだけお菓子が買えるのか、プラモデルだったらいいやつがいくつも買える。それでも、自分でロックのLPを買うという行為がたまらなく大人の行為に思えた。ロックのレコードが欲しいと言っても、ロックを知っていたわけではない。ビートルズやモンキーズは知っていたけれど、そんな有名なものではなくて、大学の周りにたむろしていたような長髪の大学生が聞いているようなレコード。ロックのコーナーのレコードをめくる。どれも知らないレコードばかり。レコード屋の店員に変に見られているんじゃないか。子供が聞くものではないと注意されるのではないかと、ものすごくドキドキした。さも、いろいろ知っているようなふりをして、何枚かごとに頷いたり、裏ジャケットを見たりして、知ってる体を装った。そんな中にすごく目立つレコードがあった。同じジャケットで金と銀のレコード。ピカピカした、折り紙でも1枚ずつしか入ってない貴重なやつにサイケデリックな文字が印刷してある。これはなにか凄いやつなんじゃないかと思った。金と銀ではやはり金のエンゼルの方が貴重ということもあって、迷わず金のレコードを買うことにした。レジに持って行って、店員になにか言われるのではとドキドキしたけれど、店員は無表情のまま、あっけなくレコードを売ってくれた。家に帰り、小さなレコードプレーヤーに買ってきたばかりのレコードをのせた。最初のショックはLPというのは曲がいっぱい入っていると思っていたのに、そのLPには4曲しか曲が入っていなかった。しかも、歌もあまり入っていなかった。ポータブルプレーヤーの小さなスピーカーでは、ドラムもベースもボコボコとした感じであまりよく聞こえなく、ギターの音だけがペナペナと薄っぺらに響いた。それでも、そのアルバムがライブ盤だったこともあって(そんなことも気がつかずに買っていた)歓声が聞こえた時に妙に興奮した様な覚えがある。とはいえ、僕が想像していたロックの曲とは全然違うものだったので、なんとなく失敗したような気持ちにもなった。それでも、見開きジャケットの素晴らしさ、表紙の金色と中面の派手なピンク色は十分すぎるほど刺激的だったし、この理解しにくい音楽を聴いているだけで、ものすごく大人びた気分になったのだ。


クリームの素晴らしき世界 フィルモア実況盤 / クリーム

連載第3回 大野ケイスケの0721文

「聖路加の夏」


 23歳の夏、築地の聖路加タワーに軟禁されていた。現在は演出家として活躍するH君と。某人気少年漫画誌の大人気長寿作品のイベント仕事だった。二人は「玄孫請け」(やしゃごうけ)で(某出版社→下請け代理店→孫請け制作会社→曾孫請け編集プロダクション→僕たち)、とはいえ、イベントをイチから構成して展示パネル(100枚以上)の原稿を書いてデザインを指示して発色のチェックをしてクライアントのオーソライズ(途中まで言葉の意味がわからなかった)をもらって…とにかく全部をほぼ素人の二人で作った。長寿作品ゆえ膨大なコミックと資料に囲まれながら、聖路加タワーにあった某広告代理店の小さな会議室に一夏軟禁状態で仕事した。特に何もしないが常駐しているAさん(男性)は孫請けの制作会社の人で、ある日「お尻から血が止まらない」と、これまた特に何もしないがほぼ常駐のYさん(女性)から生理用ナプキンを借りていた。「その手の風俗に行ったら、止まらなくなった」という。「その手の風俗」って、当時も今もわからないけど、Aさんは借金までして通っていたようだった。Aさんの椅子の座面がやけにしっとりしているように感じ、決して近づくまいと二人で誓った。その日、仕事を終えた終電の車内で、H君は大学の同級生とばったり会った。「今は何をしているの?」と尋ねると「スカトロ雑誌の編集をしている」という。仕事の話をたくさんしてくれた。スカトロ界にも女王様がいること、糞尿まみれの現場にすっかり慣れたこと…周囲を気にせず堂々と話してくれたが、H君と僕の反応はいまいちだった。あまりに未知の領域だったからで、だがとにかくその夏の日はお尻に縁のある一日だった。そしてちょっとだけ大人になった気がした。 大野ケイスケ 放送作家、ライター。「ミュージックフェア」「weekend Hips」「深夜喫茶スジガネーゼ」「ユミパン」「SMAPパワースプラッシュ」「髭まかせ」「マイ・クレイジーケンバンド」「巨乳王子」など。

The Girl Who Always Smokes.

今週の煙草を吸う女。


model : uki


編集後記 先週末は久しぶりに岩手のソウルキッチンのイベントでDJをしてきました。今回は一関での開催。一関は初めてだったのですが、会場となったDonqueというお店も、終わってから行ったAvanzaleもとても素敵なお店でした。ズクナシのライブも素晴らしかったし、仙台の超黄クルーのDJ、ソウルキッチンのクルーのDJも最高でとても楽しい夜でした。翌日はオノジュンとタツヤさんと祭畤温泉に行って岩手を堪能して福岡に戻りました。 ------------------------------------------------------------

ニューエロス 第104号 2014年12月13日発行 責任編集、全撮影 常盤響 ------------------------------------------------------------

#miko #uki