SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。106


------------------------------------------------------------

ニューエロス 第106号 2014.12.27 責任編集、全撮影 常盤響 表紙モデル 青海 ------------------------------------------------------------

▼目次 ・new eros pictrial #050 chopstick cha cha.  model : 青海 ・ニューコラム #095 「2014年のあとがき。」 ・大野ケイスケの0721文 「スズケン」 ・The Girl Who Always Smokes. 今週の煙草を吸う女 ・お知らせ、編集後記














new eros pictrial #050 chopstick cha cha.

モデル 青海

青海 DVD 「マリオネット」 発売中! http://www.i-dol.tv/works/-/detail/=/cid=ome194/ 青海オフィシャルブログ http://ameblo.jp/umi-mcp/

Twitter https://twitter.com/umiecup


ニューコラム #095

「2014年のあとがき。」 2014年最後のニューエロスを作っています。この週刊ニューエロスは2012年の年末からスタートしたので、もう丸2年が経ったわけです。時々コラムを休んだり、内容がほとんど無い回があったりはしましたが、なんとか続けてこれました。 無精者の常盤さんにとっては、けっこう快挙なのであります。 モデルに応募してくださる方も増えてきたのですが、僕自身、現在は福岡に住んでいるので、毎月東京へは行ってるとはいえ、なかなかタイミングが合わず撮影することができてない人もたくさんで、申し訳なく思っております。 個人的にはなんですが、2014年はいままでの人生の中でも、けっこう大変な辛いことの多い1年でした。自分でも全く予想がつかない方向に人生が進んでいったり転がったり。アップもダウンもいいことも最悪なことも嬉しいこともとても悲しいことも、いろいろありすぎてなんだか思い出していてもぼんやりしてしまいます。全てが夢の出来事だったらいいのに、なんて思ったりもしますが、年末特有のオセンチな気分ってやつですかね。 来年の目標とかは特にないのですが、まぁ、楽しい日々が過ごせたらいいなぁと。 それから、なにか新しいことが始まるといいなと思っております。 2014年もニューエロス見てくださってありがとうございました。 2015年も特に変わらず続けていこうと思っておりますので、 どうぞよろしくお願いいたします。 それでは、みなさん素敵な年末をお過ごしください。 よいお年を〜 常盤響

大野ケイスケの0721文

「スズケン」


 雨の日には「スズケン」を思い出す。千葉の奥地で育った僕は小学校高学年になり、電車で20分程都会の方…とはいえ郊外によくある中堅市街…にある進学塾に通い始めた。スズケンは同じクラスだった。身体はもう大人で、いち早く性に目覚めていた。女子たちとの話し方も手慣れていた。田舎から通っていた僕は、そんな彼の振る舞いと街の大きさにカルチャーショックを受け、そのショックの気持ちよさが中学受験の原動力になった。ある日スズケンが言い放った「俺、オナニーしたよ」。クラス全員驚愕の一言だった。「オナニー」を頭では理解していても、実行に移したものは誰もいなかった。「どうだった?」誰かが尋ねた。「最高だよ」スズケンは言った。女子も聞いていた。次の発言がさらに皆を動揺させた。「今度、みんなに見せてやるよ」冗談かと思ったが、それは進学塾主催の夏期合宿、行きのバスの中で実現した。行き先は日光。なぜかいろは坂にさしかかった時「俺、オナニーするよ」とスズケン。先生に見つからないように、オナニーをはじめた。男子一同「やめろよお」と言いながら、興味津々だった。「やめろよお」と言いながらチラチラ見ていた。片手でしごきながら実況するスズケン。「最初に透明なのが出るんだ」「ここが気持ちいいんだ」「いつもと違うからなかなか精子出ないな」全員中学受験を志望する幼き学徒。毎日ハチマキして何時間も勉強していた。スズケンの一言一句を頭に叩き込んだはずだ。国算理社どの教科よりもすんなり覚えただろう。スズケンはハンカチの上でフィニッシュした。スズケンがいたから、僕はオナニーを覚えた。彼は偉大な存在である。そしてなぜか水たまりに落ちてずぶ濡れのスズケンの姿が脳裏に焼き付いている。  大野ケイスケ 放送作家、ライター。「ミュージックフェア」「weekend Hips」「深夜喫茶スジガネーゼ」「ユミパン」「SMAPパワースプラッシュ」「髭まかせ」「マイ・クレイジーケンバンド」「巨乳王子」など。


The Girl Who Always Smokes.

今週の煙草を吸う女。


model : tomai

編集後記 まだ、今年の仕事は終わっていないのですが、年末年始は東京に戻らず、福岡でのんびり過ごしたいと思っています。撮りためた他愛のない映画や女子スポーツなんかを見ながらお雑煮とみかんで過ごしたいです。ま、夜には友人に会いにバーとかには行くかもしれませんが。まぁそんな感じです。 ------------------------------------------------------------

ニューエロス 第106号 2014年12月27日発行 責任編集、全撮影 常盤響 ------------------------------------------------------------

#青海 #tomai