SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。133


------------------------------------------------------------

ニューエロス 第133号 2015.07.04 責任編集、全撮影 常盤響 表紙モデル アキラ ------------------------------------------------------------

▼目次 ・new eros pictrial #077 nina. model : アキラ ・ニューコラム #118 「郊外に住んで。」 ・大野ケイスケの0721文 「消しゴムの彼女」 ・The Girl Who Always Smokes. 今週の煙草を吸う女。 ・お知らせ、編集後記














new eros pictrial #077 nina.

モデル:アキラ

ニューコラム #118

「郊外に住んで。」


郊外に住んで半月ちょっとが経ちました。

とはいえ、引っ越し直後から東京に一週間ちょっと行ったり、名古屋と岐阜に数泊したりとほとんど家にいなかったため、今週に入ってからやっと家のことをやり始めたという感じです。


家で食事が作れるようになったのと、アンテナが付いてテレビが見られるようになったので、ずいぶん人間らしい暮らしができるようになりました。というのも、まだスピーカーのケーブルとアンプの電源が見つかっていないので、レコードを聴くことができないのです。何もなくてもレコードが聞けて、珈琲かお酒が飲めればそれで随分と夜を過ごすのが楽しくなるのですが。


近所には新鮮な野菜や魚が格安で買える産直店があるので自炊生活はなかなか楽しいです。福岡の中心部に住んでいるときは住んでたマンションの向かいに24時間営業の「ほっともっと」があったので、空腹で食材を買いに行くときに、負けてお弁当を買ってしまうことも多々ありました。今の家は歩いて行ける場所に小売店や飲食店がないのでそういう心配はなさそうです。


とはいえ、色々問題点もあります。上下水道やガスなどが開通していない家なので、井戸水を組み上げて電気温水器で給湯しているのですが、電気温水器の調子が悪く、昨夜見に来てもらったら修理代でけっこうな金額がかかるとのこと。買い換えるとかなり高額なのですが、長い目で見れば井戸水対応の新しい機種にしたほうが良いだろうとか、インターネットも光はもちろん来ていなくて、ADSLもNTTからはお勧めできないと言われてしまうほどの僻地。とりあえず、各社検討したところエリアないがdocomoしかなかったので、docomoのモバイルwi-fiで接続しているという有様。入り方にムラがあるので、なかなかメールの返事を素早くことができません。キッチンもシンプルに新しくしたいのだけど。


それでも、昨日はエンジン式の刈り払い機で庭の雑草を刈ったりと、いままで考えてもいなかったことをしなくてはならないのも楽しいのですけどね。


早く、ある程度片付けたり、改装が終わったりして、新居での撮影や作品制作ができるようにしないとと思って日々ひとりでコツコツやっております。



大野ケイスケの0721文

「消しゴムの彼女」


 高校生になっても相変わらずの日々だった。中学から内部進学した僕らは、高校から入学してきた者たちから「女子」について色々教えられ、一緒に遊びに行ったり、中には実際付き合ったり別れたりする友人もいたが、僕はといえば特に何もなく、女子の知り合いは増えたが、好きになることも告白することもされることもなく、かわらず街に出て、本屋とCD屋に寄り、劇場とライブハウスに通い、だが大半は男だけでうろうろした。当時はそれで最高に面白かったが、今思えば、なりふり構わず恋愛して、ふったりふられたりしてもよかったのではないかと少しだけ思う。心がときめいた瞬間がなかったかといえば嘘で、一番覚えているのは、あの模試の時だ。ろくに受験勉強もしてないくせに模試だけは受けていた。会場が都内だから、終わった後に街をうろうろするのが目的だった。その日、僕は消しゴムを忘れた。高得点を目指せるわけもなく、ないところで一向に困らないのだが、一応あった方がいいと思ったものの、テスト中の人に借りるのは気がひけるし、共同で使わせてほしいというのも図々しいし、どうしたらいいかわからなかった。隣の席の女子に「消しゴムを忘れてしまって…」と、その先の主旨は曖昧に状況だけ小声で伝えた。どうせ嫌な顔をされるだろうと思い、その時は「すみません…」と無かったことにして諦めようと思っていた。しかし、彼女は意外な行動に出た。ニッコリと笑顔を浮かべながら、「それ使ってるの?」と言いたくなるほど特大のMONO消しゴムをブチッと二つにちぎったのだ。そして「どうぞ」と渡してくれた。「ありがとう」と受け取った。彼女とはそれきりだが、今でもはっきりあの笑顔と「ブチッ」は覚えていて、青春のリグレットである。

大野ケイスケ 放送作家、ライター。「ミュージックフェア」「weekend Hips」「深夜喫茶スジガネーゼ」「ユミパン」「SMAPパワースプラッシュ」「髭まかせ」「マイ・クレイジーケンバンド」「巨乳王子」など。




The Girl Who Always Smokes.

今週の煙草を吸う女。

model : 奈良岬 編集後記 前回のコラムでニコブロの容量がなくなって今後どうしようか?って相談をしたのですが、札幌の水口さんからとりあえずフリッカーに画像を上げてリンクすれば?って教えてもらったので今号はそうしてみました。写真をクリックしても大きくならなくなってしまったんだけど、ダウンロードすれば大きな画像になります。この辺もちょっと調べて改善していきたいです。それから表紙のアキラちゃんのボディペインティング、彼女の希望で僕が描いてみたのですが、初めてのボディペインティングはなかなか楽しかったです。あ、それから引っ越し先のネット環境の問題で今号も配信が遅れてしまって申し訳ありません。ネット環境安定するといいな〜。

-----------------------------------------------------------

ニューエロス 第133号 2015年7月4日発行 責任編集、全撮影 常盤響 ------------------------------------------------------------

#アキラ #奈良岬