SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Instagramの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitterの - ブラックサークル

常盤響の週刊ニューエロス。149


------------------------------------------------------------

ニューエロス 第149号 2015.10.24 責任編集、全撮影 常盤響 表紙モデル 永井すみれ ------------------------------------------------------------

▼目次 ・new eros pictrial #093 remove.  model : 永井すみれ ・ニューコラム #134 「今週のこと。10月17日から10月23日」 ・大野ケイスケの0721文 「恋愛のABC」 ・The Girl Who Always Smokes. 今週の煙草を吸う女。 ・お知らせ、編集後記













new eros pictrial #093 remove.

モデル:永井すみれ

10月30日に永井すみれちゃんの新しいDVD「永井すみれ 濡々尻 [DVD]」 発売だそうです。 気になった方はチェックしてみてくださいね!

すみれちゃんからのメッセージ〜 「ニューエロスをご覧の皆さんこんにちは。グラビアアイドルの永井すみれです。

【ニューエロス】では今までのグラビアアイドルとしてではなく出したことのない永井すみれ自身を解放し新境地に挑む気持ちで撮影に臨ませていただきました。

そんなすみれが次回10月30日に発売するDVD「濡々尻(ぬれぬれじり)」。

はじめてセルフプロデュースのシーンを入れさせていただき、SMチックだったり全シーンでお尻を濡らされたり今までにない演出でセクシーさを表現できた作品だと思います。

ぜひチェックしてみてくださいね♡」

永井すみれ生年月日1995年7月13日サイズT155 B86 W57 H85趣味お香集め、仏閣めぐり

永井すみれ 濡々尻 [DVD]

↑こちらのリンクからどうぞ。


ニューコラム #134

「今週のこと。10月17日から10月23日」

10月17日(土曜日) 早朝、オルガンバーから帰宅。でも、どんな風にしてタクシーに乗って帰ったのか覚えていない。ハッと目がさめたら11時過ぎ。慌てて福岡に戻る支度をして、コンビニでレコードを送ってから荷物を持って千駄ヶ谷の東京体育館へ。

実は今年から女子バレーを解禁したのです。僕は女子の団体スポーツが好きなのですが、女子バレーはかなりメジャーなので気恥ずかしさもあったのです。しかし30年以上前に女子団体競技に目覚めたのも女子バレーからだったので、観戦こそ行きませんでしたが、こっそりとチェックはしていました。でも、福岡にはVリーグのチームがないので油断していたのです。女子バレー日本代表の中でも、自分的に推しメンな長岡望悠選手のことを考えていて、所属の久光製薬スプリングスのサイトに行ってみると、佐賀と神戸のダブルホームタウン制をしいていることを知ってしまったのです。神戸で練習しているイメージだったのでてっきり神戸がホームだと思っていたのですが、久光製薬の本社が佐賀の鳥栖にあるからだそうです。今住んでいる家から車で10分ほどで佐賀県に入るってことは、久光製薬スプリングスも地元のチームってこと!というわけで、今シーズンから久光の応援をすることにしたのです。これで、春から秋は女子サッカー福岡Jアンクラス。秋から春は久光製薬スプリングスと楽しみが増えたわけです。

というわけで、この日は2015/2016 Vプレミアリーグの開幕戦というわけで、初の女子バレー観戦です。張り切ってアリーナのチケットを取ったので、エンド席とはいえ久光側で想像よりも近くで選手を見ることができて感無量でございました。対戦相手は上尾メディックス。1セット目を落とすものの、残り3セットを連続して撮って久光製薬が快勝という試合でした。次の試合は岡山シーガルズとデンソーエアリービーズ。飛行機の時間があったので、3セット目の途中で泣く泣く退席。その足で羽田に向かい福岡へ。車は空港に停めてあったので、なんとかキースフラックのアニバーサリーでのDJの時間に間に合いました。

DJはSTEREOの渡辺さんとのB to B。アニバーサリーということもあって人でごった返している店内を後に、渡辺さんとSTEREOへ。まかないをご馳走になって朝方までおしゃべりしてしまう。 夜明け頃車で帰宅。長く濃い一日でした。

↑アリーナはコートまで近くて迫力がありました。

↑試合の合間にコートについた汗などを拭くモッパーさん。長身の女性の足元に跪き床を拭く坊主の学生・・・なにかフェティッシュなものを感じてしまいます。

↑贔屓チーム以外の試合はのんびり楽しめていいですなぁ。

10月18日(日曜日) 朝、呼び鈴が鳴ったので出てみると区長さんだった。車があったので寄ってみたとのこと。世間話をしてたら夜の寄り合いに誘われる。前日作業できなかったニューエロスの作業をして配信。夕方過ぎに同じ地区の千春ちゃんたちのシェアハウスへ。区長さんをはじめ糸島二丈佐波地区の近所の方々も来ていてミーティングの後飲み会。世代を超えた飲み会とても楽しかった。ちょっと距離があったけれど、ほろ酔いでテクテクあるきながら帰宅。街灯も少ないからか満天の星空。とても綺麗でした。


10月19日(月曜日) 録画していた、週末のVプレミアリーグの開幕戦を見る。エンド席だったので、サーブの時などにちょくちょく自分が映っていて気恥ずかしい思い。選曲をして夜はLOVE FMの収録へ。

10月20日(火曜日) 渡辺さんの誘いで月末にゴルフのコンペに出ることになっている。とはいえ、全く未経験だし、用具も持っていない。クラブは渡辺さんから借りた。細々としたものを買うために渡辺さんとマリノアで待ち合わせ。実はマリノアに行くのは初。ちょっと勘違いもあって遅刻してしまった。その後、海の中道のゴルフ場で渡辺さん、吉海さんと3人で9ホール回ることに。大昔、雑誌popeyeの企画で加藤賢崇さんとコースを回った時があったけど、その時も練習なしのぶっつけ本番だった。その時のことももう忘れてしまっている。それでも、秋晴れの気持ちのいい風の中、親しい人と雑談しながらってのはとても楽しかった。

10月21日(水曜日) 前日の疲れと、先週からの寝不足でちょこっと作業したけれど、基本的にゴロゴロして過ごしてしまう。

10月22日(木曜日) 風邪の後の喉の調子が良くならないので医者に行って薬を処方してもらう。帰りに生活用品を買って帰る。帰宅後、デスクワーク諸々。夕食は鍋とおでんと湯豆腐の中間的なもの。

10月23日(金曜日) 夕方までラブトゥエロス展のデータを送ったり、選曲をしたりとバタバタ。夕方天神へ向かい、STEREO sideBでのCITY POP UNDERGROUND vol.2。星野みちるちゃんのライブとDJは、はせはじむさん、松尾モータースさん、STEREO渡辺さん、マネー野村さんの凡人会議の3人、そして無礼Men's音楽会からヒロ時々ガルローネさんというオモロ楽しいイベント。全ての演目が楽しくてあっという間に深夜になってしまった。VIVIDの韮澤さん、VJのサリー久保田さんともゆっくりお話しできた。1時過ぎの終演後、またもSTEREOの賄いをいただいて、朝方まで渡辺さんとソフトロック談義。楽しい夜でした。お店を出るとすっかり朝でした。

↑凡人会議と星野みちるちゃん。

↑ヒロ時々ガルローネさんの名調子。今夜は1985年縛りでお届けしました。最高!



大野ケイスケの0721文

「恋愛のABC」

 二十代の若いスタッフと話していたら「恋愛のABCって何ですか?」と尋ねられた。音楽番組を担当しているから、そのフレーズを歌詞にでも見つけたのだろう。正直驚いたが、確かに今では聞かない。もちろん僕も使わないし、第一そんなこと言っている年齢でもない。二十代の彼らも使わないし、使ったこともないのだろう。僕が高校生の頃は多少の気恥ずかしさはあったものの、「恋愛のABC」はまだ通用していた概念だった。「彼女とずっとBどま(注:B止まり)なんだよ…」とか。質問してきた彼に答えた。「Aはキス、Bはペッティング、Cはセックスだよ」と。「ペッティングってなんすか?」それすらも通用しないのか。「挿入しないまでも色々することだよ」と僕。「なるほど」と彼。「で、ABCってなんすか?」一瞬その問いに戸惑ったが、丁寧に答えた。「セックスまでの段階っていうかさ…」と僕。「なるほど」と彼。そして続けた「よくわかんないなあ。やるかやらないかじゃないんですね?」「なるほど」と僕。少なくとも彼にとって「セックスにいたる段階」という概念はないのだろう。もちろんあるのかもしれないが、ABCと駆け上がっていく昂揚感や関係が深くなっていくプロセスや一緒にいる時間の積み重ねをさほど重視しておらず、到達しえなかった時の反省や悔恨とそれを踏まえた達成の快楽を知らないということだ。「やるかやらないか」なのだ。「恋愛のABC」なんてもたもたしているだけで、何の感興も刺激もないのだろう。「昔の話だよねえ…」と言ったら、「そっちの方が良かったなあって思いますけどね…」と彼。そっちもこっちも良いも悪いもないけれど、物事は多少もたもたしているくらいが丁度良いのかも知れないと思った。


大野ケイスケ 放送作家、ライター。「ミュージックフェア」「weekend Hips」「深夜喫茶スジガネーゼ」「ユミパン」「SMAPパワースプラッシュ」「髭まかせ」「マイ・クレイジーケンバンド」「巨乳王子」など。




The Girl Who Always Smokes.

今週の煙草を吸う女。

model : 奈良岬

編集後記 最近のお仕事のコーナーでも掲載しましたが、フリーペーパー、Dictionaryの今号でFPM田中知之さんと対談をしております。田中さんとは結構古い友人で同い年。ちょっと硬めのお題から入ったのですが、脱線しながらもなかなか面白くなったと思っております。web版は全文掲載なので、本誌よりもかなり長いですが、ぜひご覧いただければと思います。 http://freepaperdictionary.com/dic166-3

----------------------------------------------------------------

ニューエロス 第149号 2015年10月24日発行 責任編集、アートディレクション、撮影 常盤響 -----------------------------------------------------------------

#永井すみれ #奈良岬